杭打ち

長松院さんで震災による被害が最も大きかった座禅堂改修工事が進んで来まして、ちょうど今は、耐震のためのH鋼による杭打ちを行っております。こういう工事は、あまり見る機会がないと思いますので、ご紹介させて頂きます。

一口に杭打ちと言っても色んなやり方があるのですが、今回は、杭打機を使った打ち込み式の方法を採用しています。これが、杭打機です。



この方式の良さは、支持基盤に当たるまでの間に、石等の少々固いものにぶつかっても、それを破壊して打ち込んでいけるという点です。いくら杭打ちをしても、杭の先端が支持基盤に到達していなければ全く効果は出ない訳です。

1メートルの長さの、こういう杭を打ち込んでいきます。



勿論、左下の写真のように垂直をチェックしつつ、作業を進めて参ります。右下の写真が、杭打ちの様子です。

 

そして、打ち込んだ面を水平に削り直し、



溶接して繋げていきます。



最終的に、打ち込んでも入らなくなった時に完了です。これが、完了状態です。



今回はこれを更に、横方向のH鋼に連結させるのですが、基礎と一体化させたり、色んな方法があります。震災によって傾いた建屋を揚げる事は比較的簡単に出来るのですが、難しいのは、いかにして再沈下しないように補強するのか、という点です。そういう意味では、軟弱地盤の箇所に対してH鋼の杭打ちをすれば、地震の際の免震にもなるという事実が分かって来ています。須賀川で同様の工事をさせて頂いた方は、皆さん一様に「工事後には、家の中にいると、明らかに余震の揺れが小さく感じられるようになった」と仰って頂けています。長松院さんでも、最も被害の大きかった座禅堂ではありますが、これからも長く使って頂くためにも、シッカリとした工事になればと考えています。

カテゴリー: イベントインフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。