MPパウダーは地震でも大丈夫?

安部です。

今回の東日本大震災は、日本人の誰もが経験した事のないような大地震で、甚大な被害をもたらしております。そういった中「MPパウダー(珪藻土)は、大震災で剥がれ落ちないのか?」という検証が出来た事は、大きな収穫でした。結論を申し上げますと「MPパウダー自体の強度の問題で、剥がれ落ちる事は全くない」という事です。その証拠を、アクアス事務所の被害状況の写真で、ご覧頂きたいと思います。

  

    (トイレのニッチ)           (応接室の天井)



      (事務所の壁)

いかがですか? 全く剥がれていませんよね?

これには、私も正直、驚きました。

では、割れてる箇所がないのかというと、あります。こういうところです。

 

     (応接室の壁上部)               (応接室の入り隅)

 

     (トイレの壁上部)                (トイレの入り隅)

震度6強がかなり長い時間に渡って続き、その上、毎日、大きな余震が1ヶ月も続いて、この状態です。割れているのは、下地が動いている場所だけなんです。下地のボードの継ぎ目部分が離れて、その結果として、MPパウダーも割れてしまったという事ですね。これは、ビニールクロスが割れるのと同じ現象です。

要するに「MPパウダーが割れるとしたら、それは、MPパウダーの要因ではなく、下地の問題である」という事です。

その証拠に、ボードの継ぎ目が全て割れているのか、というと、そうではないんです。大部分は割れていないのですが、一部が明らかな割れになっています。「下地処理をどれだけ丁寧に、キッチリと仕上げていたか」という事が、今回の大震災で、割れた箇所と割れなかった箇所の違いになって現れた訳です。

それにしても今回、天井から全く剥がれ落ちていないどころか、割れてもいないのには、本当に驚きました。やはり、MPパウダーを施工する際には、慎重過ぎる位に下地処理をすべきという事ですね。自然素材100%で、ここまでの表面強度を実現出来ているとは『MPパウダー、恐るべし!!』です。

興味のある方は、アクアス事務所まで見学にお越し下さい。しばらくしたら、事務所の改装を手掛けますので、その前に現物をご覧になって頂く事をオススメ致します。

カテゴリー: スタッフブログ | MPパウダーは地震でも大丈夫? はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。