着々と進んでます

安部です。

今回の大震災では、多くの家で瓦が割れたり落ちたりするという被害が出ております。そして、多くの方々が、重たい瓦をやめて、鋼板製のものに変える事を希望されてます。その理由は、落ちた瓦を片付けてみて、その重さを体感されたからです。鬼瓦だと、一人では持てない位の重さになります。瓦屋根の場合、1㎡当たり、100㎏もあるんです。震災で傷んだ家が、大きな荷重を受け続けると、決して良い事はありません。

それに対する私の説明は「鉛の帽子をかぶっていたら、腰が痛くなります。それを麦わら帽子に変えましょう。今回の震災で、多かれ少なかれ家は傷んでますから、長く住むためにも、少しでも頭の負担を軽くしましょう。」というものです。多くの方は、この説明で、納得して下さってます。

そして、先週から始まりました、「瓦→ガルバニウム鋼板」の板金化工事は、着々と進んでまして、今日で2件目が完了しました。その仕上がりにも満足頂いており、お客様も、余震が続く中、家の負担が軽くなったという事で、ホッとした表情をされてます。今日、完了しましたK様邸は、こんな感じになってます。(2階部分を、ご覧下さい)



皆さん、梅雨に入る前に終わらせてほしい、という希望を持たれてますので、出来るだけスムーズに進むよう、段取り改善していきたいと思います。

カテゴリー: スタッフブログ | 着々と進んでます はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。