五代目の出番

東日本大震災による修復工事に関して、須賀川では50件以上の傾き直し工事を行って参りましたが、他の地域ではまだやっていないところが結構多いようです。今日は、須賀川市近隣の方からご依頼がありましたので、五代目源右エ門さんに来て頂き、傾き状況の調査を行わせて頂きました。

昨晩より、遥々愛知県から仮眠をとりながら来て下さったので、アクアスに着いた時には眠そうな顔をされていたのですが、現場で調査が始まったら、真剣そのものです。

 

調査結果、1階全体で見たら5センチ程度の沈下だったのですが、キッチン付近では1メートルほどの間に2センチも沈んでいる箇所がありましたので、この付近では、大きく傾いてるような感じを持たれていました。

施主様は、ちょうどこれから、キッチンリフォームを検討されているようでしたので、キッチン周りにこれだけ大きな傾きが出ているのは、よろしくないですね。工事費との兼ね合いになって参りますが、これからも長くご使用になるキッチンですから、出来るだけキッチリと直して、気持ち良く使えるようにして頂きたいなと思います。

五代目には、こういった状況も含め、検討して頂くようにしたいと思います。

東北の被災3県では、まだこういった未工事案件が多数残っていると思いますので、源右エ門さんが東北にいらっしゃる間に、一人でも多くの方のお悩みに応えられるよう、同業の方にも声を掛けさせて頂きたいと思います。須賀川で工事をさせて頂いたお客様と同様に水平な生活が取り戻せれば、きっと喜んで頂けるはずです。

カテゴリー: イベントインフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。