被災住宅の下地作り

東日本大震災での被害が大きかったお宅を見ると、根本的な部分では地盤の問題があるのですが、それだけでなく、壁の下地やボードの貼り方で大きく左右される事も分かって参りました。そこでアクアスでは、リフォーム工事の際に、少しでも強度アップ出来るような対策を講じていますので、その一部を、現在進行中の施工事例でご紹介させて頂きます。

壁に大きなクラックが入ったり、落ちてしまっている場合には、下地があまり入っていないケースが多いようです。例えば、こんな感じです。

 

本来は、縦と横に十字になるように、そしてもっと多くの本数を入れるのですが、以前の建物では、壁耐力を持たせるというよりも「ボードを張るためのビス打ちの下地」という認識だったのではないかと思われます。

下地の木部材をもっと入れるという方法もあるのですが、今回工事では、構造用合板を入れ、面全体で筋交いと同じような役割を果たすような仕様にしました。この部分は、片側だけでなく、両面に入れてます。

 

そして、×の箇所にビス打ちをして、更に強度を持たせています。これだけ打てば、シッカリと固定されますよね。<画像をクリックすると、拡大して見れます>



構造用合板が一枚張り出来ないような広い面だと、下の写真のように互い違いになるように張っていきます。

 

そしてこの上に更に、耐火ボードも互い違いに張っていきます。下の写真の左半分です。



ここで参考までに申しますと、床の間柱が曲がってるのは、お分かり頂けますか?震災の際、いかに大きな力が加わったのかがお分かり頂けるかと思います。

ビス打ちの数も、こんな感じです。結構、たくさん打って強度アップを意識しています。<画像をクリックすると、拡大して見れます>



そして、サッシの縁廻りの割れた部分については、直角部分を巻くようにしてコの字型にプラスターボードをカットして、割れにくくしています。



これらは全て、加工に若干の手間が掛かるだけで、材料費を余計に掛けるものではありません。そして、こういった職人のひと手間で、お客様に安心感を得て頂けるように、心掛けています。

お金を掛けず、手間を掛けて出来上がり品質を上げていく方法を、職人と一緒に、これからも工夫し続けていきたいと思います。

カテゴリー: イベントインフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。