知っていますか?寒い日に入るお風呂の怖さ

寒い日が続いていますね。

こんな日は体を温めてくれるお風呂が最高ですよね。

でも、お風呂に入るのに覚悟がいるんです。

最近引っ越しししました。引越し先のお風呂は壁・床共にタイル。

以前は、ユニットバスだったので、あまり寒さ、冷たさ感じませんでした。

今は、

すっごく

冷たいんです(涙)。

そして寒いんです。

覚悟してお風呂に入っています。

入っても、ちゃんと暖まらないと体を洗ってるうちに風邪ひきそうになる。

ユニットバスのありがたさが、今になってシミジミ感じています。

 

 

昨夜は、久しぶりに気温がすごく下がらなかったきがますが、

これだけ寒いと、お風呂に入っている最中に起こる、ヒートショックの危険性があります。

知っていますか?

 

ヒートテックじゃあありませんよ…(笑)

 

 

 

 

ヒートショックとは、急に寒くなったり暖かくなったりすることで、人の血圧をきゅうに上げ

たり下げたり変動するため突然死に至ってしまう事なんです。

暖かい部屋から一変、寒い脱衣所で服を脱ぎ、さらに寒いお風呂場に入

り冷え冷えしながら体を洗う。

この時、血圧はどんどん上がっていて、その後バスタブのお湯に浸かる

冬場は42度以上の熱〜い湯を好む人が多いので、その刺激で

血圧が急上昇すると脳出血など、血圧が急降下すると逆に血液の流れが

滞って心筋梗塞や脳梗塞になる恐れがあるんです。

怖い!!!



 

 

そうならないように、「脱衣所やお風呂を暖かくしておく」これに尽きます。

 

例えば、脱衣所にヒーターを置いたり、浴室換気暖房乾燥機でお風呂場を暖めておくのもおすすめ。


手っ取り早くて、費用のかからないところでは、事前にバスタブを開けたままお湯を沸かしたり、


洗い場にシャワーを流して床を暖めるだけでも効果はあります。

冬場はお年寄りに一番風呂を勧めるのはやめて、誰かが入った直後に入ってもらう方がベストなんです。

ぜひ、安全なお風呂をお楽しみください!

脱衣所に暖房をおくスペースがない時は、アクアスに相談くださいネ。

 

カテゴリー: スタッフブログ | 知っていますか?寒い日に入るお風呂の怖さ はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。