マメタイムスさんより取材

安部です。

このブログの4月6日に、マメタイムスさんの記事として『五代目 源右エ門』さんがご紹介されたという事をアップさせて頂きました。マメタイムスさんの記事を読み、実際に源右エ門さんにご依頼された方は、皆さん、大変喜ばれてます。この度「そういう方の声を聞き、実際の現場の様子を見てみたい」という事で、マメタイムスさんが取材にいらっしゃいました。

その様子が、こちらです。右端の方が、記者さんです。



この時は「硬い地盤で面として建物を支える」という目的の、鉄骨敷設工事を行っておりました。こんな感じで、作業が進んでました。

 



鉄骨を入れた後は、ジャッキで高さの調整をします。



更には、床下にもぐっての作業も必要になります。



こういう姿勢で毎日、仕事をやってますので、職人さんも夕方にはヘトヘトになってしまいます。機械を使った工法だと、職人さんも楽なのですが、そうなると今度はコストが上がってしまいます。色んな工法があるのですが、今回は須賀川の皆さん、予算がない中での突然の出費ですので、五代目 源右エ門さんでは『人手による伝統的な工法』を採用されてます。

そして、工事をご依頼下さった方は、皆さん、大変喜ばれてますので、須賀川でご依頼の続く限り、一人でも多くの困った方々を助けてほしいです。今日までに、5件の不陸調整工事が終わってます。そして来週は新たに、2件の工事が始まります。アクアスも、源右エ門さんが長く、須賀川でお仕事が出来ます様な環境を整えて参りたいと思います。

この時の様子は、5月16日(月)のマメタイムスに掲載される予定です。皆さん、是非、ご覧下さい。

カテゴリー: スタッフブログ | マメタイムスさんより取材 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。