トラブルが出たら、即相談

安部です。

昨日から、大袋町のK様邸にて、6件目の不陸調整工事が始まりました。今回は、浴室・キッチン・トイレといった水廻りの箇所が最も沈んでましたので、既設の器具を傷めずに持ち上げるという意味では、最も難しい工事でした。

水廻り器具を傷める事になるというお話しは、施主様にご了解頂けていたのですが、実際に傷めてしまったら、新しい製品を施工するか、大規模な補修が必要になって来るため、施主様の懐にもダメージが及ぶ事になってしまいます。今までの5件の工事では、運良く傷める事がなかったのですが、今回は恐れていた事態が発生してしまいました。

築30年のお宅で、水廻りの柱がボロボロになっていた事も影響していた様です。工事の際には、壁の中まで見て頂く事が出来るので、施主様も納得して頂ける良い機会にはなります。五代目源右エ門さんとアクアスの連合部隊では、トラブルが発生した時には、関係者が集まって、施主様も交えた打ち合わせをするのが、恒例になってます。今日も「お風呂が引き上がらなかった」という報告を聞いて、私が招集をかけた訳ではないのですが、四代目・五代目・アクアスの社長がK様邸に自然に集まり、施主様を交えた打ち合わせを行いました。



施主様にとりましても、目を背けたい現実だと思いますが、全員で知恵を出し合って、工事業者である我々も出来る負担は行い、解決に向けた検討を行って参ります。

お風呂はユニットバスにせざるを得なくなりますので、その前提で、色んな案を検討していく考えです。

カテゴリー: スタッフブログ | トラブルが出たら、即相談 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。