MPパウダー(珪藻土)の関心が高まる?

安部です。

今週に入って、今まで以上に東日本大震災の復興工事が、進んで来ているようです。アクアスでは4月初めより、いち早く、屋根板金等の工事に取り組んで参りましたが、今週からは各社様とも、一斉に工事をスタートさせているようです。アクアスでも、屋根や外壁といった屋外リフォームだけでなく、水廻りや内装のリフォーム工事を数多く受注する様になって来ております。

その中でも、アクアスがこれまでに積極的に採用をススメて参りましたMPパウダー(珪藻土)の採用が、増えて来ております。アクアスとしての姿勢は、今までと全く変わらないのですが、夏場に向けたエネルギー抑制に対する意識の高まりの中「真夏と真冬の過酷な季節を乗り切るために、MPパウダー(珪藻土)が有効です」というお話しは、とても共感を呼んでいると感じます。

暑さも寒さも「エネルギーに頼って強制的に環境を操作する」のではなく「100%自然素材によって湿気をうまく調整(調湿)し、自然の力を活用してエネルギー負荷を減らしていこう」という考え方は、原子力に頼る事が出来なくなった今の状況では、大変説得力があるものだと感じてます。

今度の日曜には、震災復興の際に親しくさせて頂くようになりました、あるお客様宅で、一緒に脱衣所の壁塗りをさせて頂く事になりました。この方は、今までにも別の珪藻土を塗っておられましたので、その違いを体感頂けるのではないかと思います。

これは以前の写真ですが、こんな感じで壁塗りをしていくと、楽しいですよ。



アクアスでは、近々に、九州から珪藻土塗りのアーチストをお招きし『体感ルーム』をリニューアル及び拡大する予定ですので、お楽しみに!

それから、7月下旬の予定ですが、市内のある小学校からの要請で『親子で楽しむ珪藻土の泥団子教室』を開催させて頂く事になりました。これからの世の中に必要不可欠な取り組みをしている、アクアスの考え方をご理解頂く絶好の機会だと考えてますので、子供さん達にも、学びながら楽しんで頂きたいと思います。

カテゴリー: スタッフブログ | MPパウダー(珪藻土)の関心が高まる? はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。