2件目の杭打ち

安部です。

昨日のN様邸に引き続き、今日は須賀川市大袋町のK様邸での杭打ちでした。K様も、これからの地震対策として、杭打ちを希望されましたので、工事を行う事となりました。長さ1メートルのこのような杭(H鋼)を、強い地盤に当たって打ち止まるまで、打ち込み続けます。



今日の作業開始前の状態は、これまでに傾いた箇所の引き上げをやりましたから、このような状態になってました。隙間の空いた部分が、引き上げた跡です。



作業のセッティングが終わったら、ドンドン打ち込んでいきます。



そして、1メートル打ち込む毎に、溶接で接合していきます。

 

この杭、最終的には約3.5メートル打ち込んで、強い地盤に当たりました。



杭打ちが終わったら、こういう状態でコンクリ打ちを待ちます。



K様邸のお宅の周りは、ずっと以前は釈迦堂川だったそうで、東日本大震災の様な大きな災害が起こった時には、以前の流れが戻って来るようです。自然の力は、本当に怖いなと思います。しかし、その中で生活していかなければならない訳ですから、コストとの兼ね合いにはなるのですが、アクアスとしては、出来る限りご要望にそった対策をご提案させて頂きます。

カテゴリー: スタッフブログ | 2件目の杭打ち はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。