気持ちにゆとり?

安部です。

この1週間位、今までになかったようなご依頼が舞い込んで来るようになりました。

3月11日の震災が発生してからは、まずは皆さん、ご自分の身の周りを整理し、住まいの応急対応までやる事に精一杯で、次に、雨漏り対策として、屋根や外壁の修理工事、そして徐々に、お住まい内部のリフォーム工事と、ご依頼の質が変わって参りましたが、ここまでは全て、ご自分のお住まいに関する事でした。しかし先週から、町内で管理している神社集会所の修理工事依頼が舞い込んで来るようになって来ました。今日も、町内会長さんがアクアスの事務所までお越し下さり「町内の集会所が傾いて、鍵が掛かりにくくなったりしてるので、見に来て対応してほしい」というご依頼がございました。

写真の通り、大工の熊田さんと四代目源右エ門さんが、現地でプロの議論を闘わせ、色々と検討しております。



誰しも、災害に遭ったら、まず最初に手を付けるのは、自分や家族の身の回りで、安心して生活出来るようにする事。そして、気持ちに余裕が出て来てから、地域の共有物に意識が向かうのではないかと思います。

そういう意味からも、地域の神社や集会所に関するご依頼が増えて来たという事は、須賀川の方々の気持ちにも、余裕が出て来たという事なのかな、と心の中で、嬉しく思っております。

カテゴリー: スタッフブログ | 気持ちにゆとり? はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。