杭打ち、3件目

安部です。

今日、朝日田のO様邸で、杭打ち工事がありました。源右エ門さんがいらして以来、これで3件目です。杭打ちの際には、大きな音が出ますので、周辺の方々にはご迷惑をお掛けし、申し訳ないのですが、これをやっておくと、随分と安心感の出て来る方法です。今日の工事の様子を、簡単にご紹介致します。

新築する際には、1本ものの杭を打ち込む事が出来るのですが、既にお住まいになられている場所であり、しかも、震災の被害によって、急に工事が必要になった訳ですから、出来る限りコストの掛からない方法を、という事で「H鋼を溶接しながら打ち込んでいく杭打ち」を、ご提案させて頂いております。どういう方法なのかと申しますと「1メートルに切ったH鋼を、1本ずつ打ち込みつつ溶接し、打ち止まるところまで埋め込む」というものです。これによって、硬い岩盤で支えられますし、地表ではこれとコンクリを連結させ、広い面として強度を持たせる事が出来ますので、この杭があるのとないのとでは、大違いなんです。かなりシッカリとした基礎になります。

作業の様子は、以下の通りです。

材料も機械も重いので、力強く杭打ちをしていきます。



1メートルの長さのH鋼を打ち込むと、次のH鋼を打ち込むため、シッカリと溶接します。



これで4本目ですから、4メートルになります。「4」と書いた数字が見えますよね?



O様邸で10センチ近く沈んでしまったリビング付近には、硬い岩盤が地下4メートル付近にあったようです。今回の杭打ち工事により、硬い岩盤まで打ち込んだ杭が下支えしますので、今までと比べると、格段に強い基礎になりました。

リビングの床下にも、杭を打ち込みます。



基礎のコンクリが固まってからは、同じ震度の余震が発生しても、今までの揺れとは異なっているはずです。

今日の工事で、須賀川にまた1軒、安心して過ごせるお住まいが増えたかと思うと、仕事の充実感を味わう事が出来ます。須賀川には、まだまだ、源右エ門さんの事を知らず、どうしたら良いのか分からないという方が、数多くいらっしゃると思いますので、もっと広めていきたいと考えております。

カテゴリー: スタッフブログ | 杭打ち、3件目 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。