須賀川にとっての7月14日

安部です。

今日は7月14日で、須賀川の人にとっては特別な日です。現在、リフォーム工事中のI様邸で打ち合わせをしてましたら、前の通りがいつもと違った様子で人だかりが出来始めました。

 

こういったモニュメントも、



そして実物も登場してました。



今日は、須賀川の人にとって「松明あかし」よりも「釈迦堂川の花火大会」よりもなじみの深い『きうり天皇祭』でした。



このように、小さいお子さんを連れてお参りされている方もいらっしゃいます。



このお祭りは、きゅうりを2本お供えし、1本をもらって食べるというものです。ここで頂いたきゅうりを食べると、病気にかからないと言われています。詳細は、このURLをクリックして、ご覧下さい。

http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/kanko/event06.html

お祭りの賑わいは、震災を忘れさせるようなもので、また一つ、復興に向けて動いている実感が致しました。

カテゴリー: スタッフブログ | 須賀川にとっての7月14日 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。