嬉しい贈り物

安部です。

今日の夕方、玄関サッシの不具合対応で、I様宅にお伺いしましたら、帰り際に『生茶キャップ』と同じ形状のPETボトルをプレゼントして下さいました。



これだけですと「一体、何の話し?」と不思議に思われる方が多いと思いますが、7月13日の本ブログに記載しました通り、生茶キャップの形状は、珪藻土の泥団子作りに最適なんですけど、部品統合の流れの中、無くなってしまう恐れがあるんです。

そういうお話しを記載しましたブログを読んで下さったI様が「『朝のうるおうブレンド』と書かれた生茶には、KIRINのロゴが入った生茶キャップ形状のものが使用されてるんですよ」と教えて下さり、それをわざわざ選んで購入し、私にプレゼントして下さったんです。

左側のラベルのお茶です。皆さん、ご覧になった事があるでしょ?



因みに、右側のラベルのお茶では、他のお茶と同じ形状のキャップに切り換えられて来てます。

「相手の最も喜ぶものは、その人の目線で見ない限り、見えて来ない」という事を、I様から教えて頂きました。有り難うございます。

リフォーム業を仕事にする楽しさは、お客様との関係性を作り上げながら、双方で相手の気持ちに寄り添いつつ、助け合い・高め合っていく事なんだなと改めて感じました。そういう事を、自然なやり取りの中で教えて下さったI様には、これからも色んな形でお返しをさせて頂かないといけないな、と思います。

私は本当に、いい人に恵まれているな、という思いを強くする出来事でした。

カテゴリー: スタッフブログ | 嬉しい贈り物 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。