解体屋(こわしや)ゲン

私自身、あまり漫画を読む習慣はなかったのですが、五代目源右エ門さんから「週刊漫画TIMEに曳家(ひきや)の話しが連載されてます。私達と同じ取り組みなので、良かったら見て下さい。」という連絡が入りましたので、早速、購入しました。



「解体屋(こわしや)ゲン」というタイトルの、今回が464話という長編です。その中で「曳き家の心意気」という項の今回が3回目でした。



この中で書かれているお話しは我々が常に直面して来た問題でしたので、大変興味深かったです。私の体験から言える事なのですが、震災でお住まいが傾いてしまった方の心理状態は、以下のようなものです。

・家が傾いたままでは、サッシや建具が固くて動かないし、たくさんの隙間が出来てしまっているので心配

・傾きの大きいところに長時間いると、気分が悪くなる

・傾いたまま長期に渡って放置しておくと、建物に変な癖がついてしまうのではないか?と不安

・かと言って、計画していた事ではないので予算がなく、あまり多額なお金は掛けられない。(次に大きな地震が来た時のためにも、ある程度の資金を残しておかないと、不安

・色んな業者が声を掛けて来るが、人によって言う事も値段も違うので、誰を信用したら良いのか、分からない

個人差はあるものの、お話しを聴いてますと、以上のような共通点がございました。

実際、家の傾きを直すというのは、全体のバランスを考えながら行わないといけないため、相当に専門的な知識豊富な経験が求められます。正しくやらないと、かえってお住まいを傷める事になってしまいます。そこで、地震のような予期出来ない災害が発生した場合には「地元の業者が遠方から専門業者を連れて来て、対応に当たってもらう」というのがベストな対応だと考えます。地元の業者が前面に立たないと、後々に不具合が発生した場合の責任問題でお客様が困る事になるからです。

それからもう一つの問題点。これは建築知識のある同業者から出てくる話しなのですが「土台と基礎を切り離すので、強度が落ちる」というものです。



そういう面は、確かにあり得ます。補強はしてますが、以前よりも強度が落ちている可能性はあります。しかし、この部分だけを問題にしても、それは「木を見て森を見ない」発想だと思います。大震災を経験した人は分かるはずですが「耐震リフォームを行ったばかりなのに、地割れによって全壊になった」という例は、被災地にいると多数あるんです。また、町ごと全体の地盤が流れてしまうと、土台と基礎の連結強度といった問題ではなくなってしまいます。

曳家さんと仕事をしていて感じたのが「住まい全体のバランス」です。建物をいくら強固に作っても、基礎や地盤が脆弱だと簡単に破壊されてしまいます。「安心のために、どこまでお金を掛けられるか」という事を施主様と一緒に話し合い、完全ではない事も理解して頂いた上で、どこまでの工事を行うかを決める事が大切なのではないかと思います。こういうお話しをすれば、ほとんどの方が納得頂いて、土台揚げ工法を選択されてます。何事にもプラスとマイナスがありますので、我々はその両方を提示し、最終的には施主様に決めて頂く、というのが正しいステップだと考えます。

漫画の中では「70年の実績です」という事を最大の根拠にされてました。「これなら地震が来ても大丈夫」という保証が誰も出来ない場合は、実績が最大の判断材料になると思います。五代目源右エ門さんは「120年の実績」ですので、アクアスはその点を最大の根拠にして、取り組んで来ましたし昨年の4月から実施して来ました曳家工事での「お客様の満足度」「余震による被害が出ていない事」から、それは正解だったと改めて感じております。



地域密着で事業を行っている我々は、地域の方々のお困り事を正面から受け留めリスクを負いながらも、納得理解を得ながら進めていく事が必要と考えます。長く住まれる家では、傾いたままの補修は、将来の不具合を生み出す可能性が大ですので、アクアスではおススメしてません。

これから、私も漫画を読む事が習慣になってきそうです。

カテゴリー: イベントインフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。