土壁の威力

白河のI様邸解体工事に先立ち、廃棄物処理をしていましたら、面白い現象を見つけました。I様邸には土蔵(130年以上前に建てられた)と鉄骨造りの2種類の建屋で構成されてまして、別々に置かれていたミシンの傷み度合いの違いが顕著だったんです。

最初に見て頂きたいのはこちら。85歳になるおばあちゃんが若い頃に使っていたミシンです。注目して頂きたいのは、右端の木部の傷みです。



右下に下がってますよね?反ってるんです。アップで見ると、こんなに傷んでいます。

 

こうなってしまったのは、木部が大量の湿気を吸ってしまい、腐ったためです。

ではもう一つ、おばあちゃんの姑さんが使っていたという、もっと古いミシンはというと、こんな状態でした。



アップで見ても、何も問題ない状態です。



このミシンが置かれていたのは、土蔵なんです。土蔵は、分厚い土壁が湿気の調整を自働的にして下さいますので「夏は涼しく、冬は暖かい」という空間を実現してます。

その証拠に、古い勘定帳もこの通り、全く損傷はありません。



高機能塗り壁材:MPパウダー(珪藻土)なら、土壁と同じ効果(いや、それ以上!)を発揮します。大切な思い出の品を長く残していくためにも、I様が一部の移築をご希望された場合には、MPパウダー塗りもセットにし、傷まないように進めていきたいと考えております。

カテゴリー: イベントインフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。