関係者全員で創り上げるリフォーム工事

和泉様邸のリフォーム工事も、いよいよ最終局面に近付いて来まして、210㎡のMPパウダー(珪藻土)塗りも仕上げを待つだけの状態になり、1階のトイレと洗面化粧台も施工が完了しました。

アクアスでインターンシップ(就業体験)を受け、MPパウダー(メソポア珪藻土)による室内の調湿環境を研究テーマにしようとされている日大工学部の大和田さんが、壁塗りの状態を確認にいらっしゃいました。



大和田さんは、壁塗りの初期段階で下地作りにご協力下さっていたので「自分が手掛けた壁がどんな風になっているのかな?」と気になったようなのです。現場では、伊藤辰哉さんを捕まえて即席のMPパウダー塗り教室が開催されてました。

暫くすると、便器と洗面化粧台の施工の状況が気になったようで、TOTOの篠崎さんが顔を出されました。



先日施工が完了し、既に使用されているユニットバス:スプリノの状況も気になったようで、覗きこんでましたよ。自社の製品がどのように施工されているのか、気になるようなんです。



そして1階のトイレと洗面化粧台は、既にこのようにMPパウダー(珪藻土)塗りも完成しています。

 

完成間近のリフォーム工事では、関わっている皆が気にして訪問して来る、大変賑やかなものとなっております。施主様の生活をより良くしていくリフォーム工事は、このように全員で創り上げていくものでなければいけませんね。

いいリフォーム工事にするため、努力して下さっている関係者の皆さん、誠に有り難うございます。施主様に代わって、御礼申し上げます。

カテゴリー: イベントインフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。