ニューススイッチの未公開部分

安部です。

昨日の夕方、テレビユー福島(TUF)さんのニューススイッチで、臭いの問題がテーマになり、その解決策として『珪藻土』が取り上げられました。その収録の際、アクアスにも取材の依頼が参りました。

こういう時に、テレビで取り上げられるという事は、アクアスの取り組みが、多くの方々のお悩みに応えられるものだと受け止められているという事であり、大変光栄に思ってます。

しかしながら、その取材において、私達が「是非ともオンエアしてほしい」という事の一部がカットされてしまうという事も、番組の構成上、出て参ります。これは致し方ない事ですが、勿体ないので、今日はそのうちの一つをご紹介させて頂きます。

アクアスでは、住まいのお悩み解決のメイン商材として、MPパウダー(珪藻土)を使用してます。それが「実際に施工された結果、本当にお客様のお悩み解決になっているのか」という事を知って頂くため、昨年、浴室リフォームの際に、脱衣場とトイレの天井・壁にMPパウダーを施工しました野木様に、インタビューさせて頂きました。

 

残念ながら、野木様へのインタビュー部分はカットされてしまいましたが、MPパウダーが生活者のお悩みに応えられているという事を実証してくれているお話しを、お伝えさせて頂きます。

野木様の、当日のお言葉ですが、

「リフォーム前は、脱衣場の天井にカビが生えて、脚立に上がって取るのが大変だったけど、今は全くカビが生える心配がなくなった」

「お風呂のドアを開けっ放しにしてても、お風呂の臭いがしなくなった」

「脱衣場からお風呂に入るところにタオルを並べて置いても、臭いが付かない」

と仰って頂けてました。アクアスでは、この時の音声を記録してます。

今回は、番組テーマの関係で、ブーツの臭い取りになってしまいましたが、リフォーム工事の際に、適切にMPパウダー(珪藻土)を施工し、調湿環境を整えていけば、必ず快適で健康、そしてエコな生活が実現出来るという確信を得ました。これからも、こういった実例を、お伝えし続け『須賀川を、日本一エコで健康的な街にしていきたい』と思います。

カテゴリー: スタッフブログ | ニューススイッチの未公開部分 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。